キャリアウーマン

業務効率化!労務管理システムの選び方を紹介!

給与計算や勤務時間勤務日数の管理をしてくれる人事労務管理システムを導入すると、人事課の大幅な負担削減につながります。それだけに、どの人事労務管理システムを選ぶかはとても重要です。今回は、労務管理システムの選び方を紹介します。労務管理システムには「勤怠管理」「給与計算」の2種類があります。

まずは給与計算システムからです。
こちらは、まずは自分の会社が「正社員が大半か」「パート・アルバイト・日雇いが大半か」によって、導入するべき給与計算システムが変わります。
勤怠管理システム内蔵型の給与計算システムは、文字通り勤務時間から給与を計算してくれるので、パート・アルバイト・日雇いが主戦力の会社にうってつけです。反対に、各種税金や保険料の計算にも対応している給与計算システムは、正社員が大半の会社にうってつけです。
利用月額も参考にしましょう。コストを掛けたくないなら安いシステムを導入、反対に色々な機能が欲しいなら少し高めのシステムを導入します。

続いては、勤怠管理システムです。
これは、パソコンからの出勤退勤時間打刻に対応しているシステムを選びましょう。といっても、現在あるシステムの大半がパソコン対応です。指紋認証や指静脈認証に対応しているシステムなら使い勝手も良いです。

ニュース

最新記事一覧

SITE MAP