キャリアウーマン

人事労務管理システムを導入することで得られるメリット

これまで、人事や労務管理まわりの業務を、書類作成を基本とするマニュアル方式で実施してきたという会社は多いでしょう。これから、事業拡大に備えて大幅な人員増をスタートさせる予定があるなら、まずは、人事労務管理システムを導入して、人事関連業務をペーパーレス化する方向で準備を進めておく方がいいでしょう。人事労務管理システム導入のメリットは様々ですが、端的に言えば、紙を使う手順のデメリットを全てクリアできる点ということになるでしょう。例えば、人員を大幅に増やして、全員が一つの拠点所属ならまだしも、地理的に離れたエリアに数名ずつ配属になる場合だと、入社に伴う手続き文書の授受が非常に煩雑で、完了するまでに多くの時間を要します。この点、システム利用の電子的処理で済ませる場合は、社員各自が自分の所属先にいながらにして、システムの入力を完了させてくれれば手続きはおしまいです。社員各自の個人情報を詳細に記載した文書が、事業所間を行き来することが全くないため、途中で紛失して、無関係の誰かにその情報が見られてしまう心配もありません。書類の物理的授受が発生しないため、手続きの締め切りに間に合わせるにも、よりゆとりをもって作業が出来るというメリットもあります。これは、会社のシステムに不慣れな新人の社員にとっても、確認や承認の責任がある上長にとっても、ありがたいポイントと言えるでしょう。

ニュース

最新記事一覧

SITE MAP