キャリアウーマン

新入社員の入社に伴う手続きも迅速に処理できる人事労務管理システム

会社の人事や労務関連の業務は、広い範囲の手続をカバーしています。人事や労務管理業務の担当者は、年間を通じて、こうした手続きに多かれ少なかれ関与していると言ってもいいでしょう。しかし、一年のうちで、この業務の量が大幅に増加する時期があります。それは、新卒が大勢入社する新年度の始まりのころです。
会社の規模が大きい場合、新卒を大勢採用するのは毎年のルーチンというところも多いでしょう。それに伴い、人事と、新卒者受け入れ部門の管理職者は、この時期、新入社員を迎えるための人事関連業務に忙殺されることになります。しかし、新入社員の受け入れがあるからと言って、他の業務を後回しにしたり手抜きしたりというわけにもいきません。そこで、人事労務管理システムを導入して、この時期特に忙しくなる人事関連業務を、大胆に効率化してみてはいかがでしょうか。
このシステムを導入すると、会社が新入社員について、労務管理上把握しておく必要がある情報の収集を、社員自身の手を借りてスピーディに済ませることができます。通常、書類に記入して提出してもらったものを人事担当者等が入力して登録するところを、社員自らの手で入力を済ませてもらうため、人事担当者の業務をかなりの量減らせるというメリットがあります。また、紙を使用しない分、手続きに要する全体的な時間を短縮することも出来ます。是非、利用を検討してみましょう。

ニュース

最新記事一覧

SITE MAP